ツ ア ー

第3トンネル & トラ展望台 & 第2トンネル

DMZ THE 3RD TUNNEL & DORA OBSERVATORY & THE 2RD TUNNEL  제 3땅굴 & 도라전망대 & 제 2땅굴

京畿道 坡州市(パジュシ市) 郡内面 (グンネミョン)鮎元里(ジョン…

電話番号 : 031)954-0303/0640

ホームページ :

http://www.hikorea.jp/tour/dmztour

評価 : 0/0人
お勧め : 0

Google +1

西部戦線 軍事分界線 最北端に位地しており、ケソン工業特区 とケソン市町外れまでありありと見られる所『トラ展望台』

西部戦線 軍事分界線 最北端に位地しており、ケソン工業特区 とケソン市町外れまでありありと見られる所『トラ展望台』1978年、北朝鮮から掘られた秘密トンネルが発見された。ソウルまでわずか車で45分 程の地点。 完全武装1万人、非武装なら1時間に3万人がソウルに到達できるという。 1974年に第1トンネルが発見されてから、翌年に第2、1978年には第3、1990年には 第4と、たて続けに発見されました。これらは北朝鮮から韓国ソウルにむけ、軍事境界 線を越えて、奇襲目的に掘られた秘密トンネルです。 これらは北朝鮮から韓国ソウルにむけ、軍事境界線を越えて、奇襲目的に掘られた秘 密トンネルであります。

 

第3トンネル入口のパノラマVR(360º回転画像)

 

パノラマVR(360º回転画像) - クリックして移動すると、360˚VR動画を見ることができます。

第3トンネル

いずれも脱北者からの証言により発覚しました。特に、第2トンネルは出口が三方向に分かれており、1時間に3万名の武装兵力が移動できるほどの規模。そしてトンネル内に、大規模兵力を集結させられる広場まであり、車両、野砲等と一緒に戦車まで通過できるというから、驚くと同時に背筋が寒くなる話ですね。

これは事実だ。この現実をどう受け止める!

これらの秘密トンネルのうち、第3トンネルは、観光客も地下に掘られたトンネルまで行き来することができます。貴重品やカメラを預け、ヘルメットを被る。専用トロッコは大人横一列に、3人乗れるだけのぎりぎりの幅。時折頭を岩盤にこすらせながら急勾配をググッグググッと下がっていくのは、いかにも緊張します。


ほどなく、地表から73メートルの地点に掘られたトンネルまでたどり着くと、岩盤からつたう地下水が、トンネルをひんやりと不気味に濡らします。この染み出す地下水は、北側に流れるように、トンネルはわずか0.03 度の傾斜で掘られているそうです。長さ1,653m、高さ1.95m、幅2.1mのトンネルの岩盤は、固い花崗岩。
北朝鮮側までつながる道は3箇所で遮断されており、軍事境界線まで200メートルを切ったところまで歩いて行くことができました。


つるはしなど手作業で、しかも 秘密裏に、どうやってここまで掘り進めることができたのか、想像するのも恐ろしいです。
時折ダイナマイトを仕掛けたという黄色いマーカーが印されていたり、カモフラージュのための石炭粉が塗られたりと、現実をまざまざと見せ付けられ、改めてショックを受けました。

北朝鮮と韓国は、現在も休戦状態にあります。表立って攻撃することはできないものの、両国の間の緊張は、68年青瓦台襲撃事件、70年6月国立墓地爆破事件、74年8月文世光狙撃事件、79年10月朴大統領射殺事件、83年10月ラングーン事件、そして、87年大韓航空機爆破事件、96年潜水艦座礁事件などと記憶に生々しい。北朝鮮と隣り合わせにいる韓国の難しさをひしひしと肌に感じます。

トンネル内部に「統一の泉」と呼ばれる地下水を飲むことのできる場所があります。
このトンネルのある地表面は非武装地帯となっており、休戦以来半世紀以上の間、人の往来がほとんどなくそれだけにこの辺一帯は手付かずの自然が残されています。地下水の透明さと清らかさを、このトンネル内部で味わえることが皮肉ですね。


 

都羅(トラ)展望台

非武装地帯の最北端に位置しています。
DMZ(非武装地帯)全景が見渡せます。

遠くにかすんで見える村が北朝鮮第4の都市、ケソン(開城)市とソンアク山。板門店も見えます。望遠鏡を通して、北朝鮮の村が、はためく旗が、動いている車が見えます。
 

都羅山(トラサン)駅

ソウルから56km、ピョンヤンまでは205kmの地点にある韓国最北端の駅。かつて韓国のプサンから北朝鮮を抜けて中国北京まで走破した京義線は、現在臨津江の南側のこの駅で停まったままになっています。
国民の寄付により韓国側の整備はほぼ終わり、あとは北朝鮮側の工事を待つばかり。駅前には寄付をした人々の名前を刻んだ記念碑があります。

 

統一村  

統一村は、民統線の北方地域にある小さな村で133世帯493人が居住しています。村民は危険地帯に住んでいるということで、税金が免除されています。
毎日外部から不審者が侵入していないか、確認のため村人の点呼があるそうです。農産物直売所で、この地域でとれたかぼちゃや、山菜、醤油や味噌などが売られています。

 

第2トンネル

第2トンネルとは?
第二トンネルは1973年11月20日の朝方4時頃、GOP警戒勤務中だった6社団兵士2人が微細な振動と一緒に地下で原因不明の爆音が一定に聞こえるのを上部に報告しながらその存在が確認された。 同じ年12月2日まで総43回571発の地下爆音が報告され、すでに部隊はトンネル探知専担班を編成、試錐作業をし、1975年03月19日、地下54m地点で発見した。1974年11月20日零下20零度を下回る極寒の中で試錐作業を始めた部隊は、1975年2月25日、3ヶ月間45個の試錐孔を的中させてトンネルの存在を確認した後、24日という最短時間に進入坑道をくぐって大浸透作戦を性向的に遮断した快挙だった。特に第二トンネルは亡命者の情報提供や上級部隊の情報による発掘ではなく、哨兵の目と耳で振動を見抜き、約1年5ヶ月余りの探知活動を通してその存在を確認した完璧な境界態勢を誇示した代表的な例だ。


第2トンネル
1975年3月19日に発見された第2トンネルは車両、野砲などと共に1時間当たり3万人の武装兵力を送ることができるだけでなく、戦車までも通過できるほどの巨大なトンネルである。


労働党舎
韓国戦争前には北朝鮮の労働党舎として利用された建物で、現在は近代文化遺産に登録され保護されています。焼け焦げた跡や爆弾の跡、戦車が通り過ぎながら壊した壁など建物の形のみ残り、韓国戦争の惨憺たる現場を感じられます。
 

トンネルの情報

トンネルの位置

トンネルの位置

第1トンネル

第2トンネル

第3トンネル

第4トンネル


南侵用のトンネルの規様比較
第1トンネル 第2トンネル 第3トンネル 第4トンネル
発見日時 11/15/1974 3/19/1975 10/17/1978 3/3/1990
位置 高浪浦の東北向き
8キロ
鉄原の北方
13キロ
板門店の南方
4キロ
楊口の東北向き2
6キロ
規模 高さ1.2メートル
幅90センチ
高さ2メートル
幅2メートル
高さ1.95メートル
幅2.1メートル
高さ1.7メートル
幅1.7メートル
深さ 地下45メートル 地下50~160メートル 地下75メートル 地下145メートル
全長 1,950メートル 2,496メートル 1,635メートル 2,052メートル
侵攻長さ 1,000メートル 1,100メートル 435メートル 1,028メートル

 

アクセス MAPプリントする

基本情報

  • 住所 : 京畿道 坡州市(パジュシ市) 郡内面 (グンネミョン)鮎元里(ジョンウォンリ)
  • 住所(韓国語) : 경기 파주시 군내면 경기도 파주시 군내면 점원리
  • 電話番号 : 031)954-0303/0640 / ファックス :

アクセス方法案内

タクシー

■ タクシー運転手に見せる案内文をプリントしてください。

その他情報

  • パスポトは必ず持参すること。
  • 観覧所要時間: 2時間30分 (シャートルバス 30分間隔で運行)
  • 料金: 大人 3,700ウォン//子供 3,500ウォン (シャートルバスのみ)
  • 休日: 月曜日、祝日 
予約のお問い合わせ

営業時間
平日 : 10:00 ~ 18:00
土曜 : 10:00 ~ 14:00
日曜日と祝日は休業

お問い合わせ
電話 :+82-2-793-5636
e-mail : info@hikorea.jp

*すべての相談日本語可能

------------------------- このコンテンツは、クリエイティブ・コモンズの下でライセンスされます。 表示 - 非営利 - 継承2.1日本ライセンス。

韓国旅行の総合情報サイトへようこそ!
韓国旅行・韓国観光・韓国エステ・韓国市場・現地ガイド

w3cw3c

@hikorea_social
ハイコリアブログ