事後免税制度 (TAX REFUND) 사후면세제도 | 業界初360º回転画像 | 韓国旅行「ハイコリア」

 
ホーム
ハイコリアの情報を共有 : facebook twitter
韓国基本情報

太極旗、大韓民国の国旗

大韓民国 (だいかんみんこく、韓国語: 대한민국、漢字:大韓民國)、通称韓国(かんこく)は、東アジアにある朝鮮半島を主な領土とし、その南半部を主な支配地としている国。憲法上は朝鮮半島全土を領土としている。首都はソウル特別市。

韓国旅行基本情報

閲覧数 : 15718

[韓国基本情報 ] 事後免税制度 (TAX REFUND) 사후면세제도

管理者2011-08-30 17:37:40
 

事後免税制度 (TAX REFUND) 사후면세제도
* 写真をクリックすると元の画像を見ることができます。

事後免税制度とは・・・
外国人旅行者は『TAX FREE』の表示がある販売店で一定金額(韓国の場合30,000ウォン)以上購入した場合に限り、付加価値税(Value added tax = VAT)が免除されます。一旦、その場で付加価値税が含まれる値段を払い、後に空港の税関で手続きして付加価値税分の払い戻し(リファンド)を受ける事が出来るシステムです。
付加価値税とは、国税、普通税、間接税に属する生産、流通の過程で生じる付加価値税(財貨、サービス)にかかる税金の事で、日本の消費税にあたります。払い戻しの際は、その場で現金、クレジットカード口座への振込み、銀行小切手などで受け取ることができ、対象者は韓国滞在6ヶ月以内の外国国籍者、又は滞在3ヶ月以内の海外永住権を持つ韓国国籍者となっています。
TAX REFUND会社は、現在タックスフリーコリア社とグローバルブルーコリア社の2者あり、グローバルコリア社の場合、日本の成田国際空港又は、関西国際空港で円の払い戻しも可能です。 

TAX REFUND手続き方法
購入商品が手荷物の場合 1. TAX FREEと書かれたお店(免税システム加盟店)で、30,000ウォン以上の買い物をしたら、精算時に“タックス・リファンド・チェック(商品販売確認書)”の発行の旨を伝える。


2. パスポートを提示し、免税書類を受け取る。


3. 日本に帰国する日に出発地の空港税関で購入商品、レシート、パスポートを提示し、購入時に受け取ったタックス・リファンド・チェックに確認スタンプを押してもらう。


4. 各リファンドカウンターで必要書類を提示し、付加価値税分を払い戻してもらう。




購入商品が機内お預け荷物の場合 1. TAX FREEと書かれたお店(免税システム加盟店)で、30,000ウォン以上の買い物をしたら、精算時に“タックス・リファンド・チェック(商品販売確認書)”の発行の旨を伝える。


2. パスポートを提示し、免税書類を受け取る。


3. 日本に帰国する日に出発地の空港で、登場手続きの際に税関審査を受ける旨を伝え、荷物に名札をしてもらう。


4. 出発地の空港税関で購入商品、レシート、パスポートを提示し、購入時に受け取ったタックス・リファンド・チェックに確認スタンプを押してもらう。


5. 税関の審査官に、購入商品を機内荷物として預ける。


6. 各リファンドカウンターで必要書類を提示し、付加価値税分を払い戻してもらう。




リファンドカウンター所在地

グローバルブルーコリア社
  http://www.global-blue.com/

※『仁川国際空港』国際ターミナル3階搭乗フロア中央1番
(その場で払い戻し)


仁川国際空港でのグローバルブルー社加盟店の購入商品のTAX REFUNDは、受け取り時間はかかりますが、現金だけでなく銀行振り込みや小切手でも受け取る事が出来ます。

営業時間>7:00~21:00
電話番号>02-743-4140
日本語>可
リファンド通過>ウォン、円、ドル


※日本『成田国際空港』『関西国際空港』(クレジットカード口座振込みで払い戻し)


グローバルブルー社加盟店の購入商品はTAX FREEは、成田国際空港か関西国際空港に到着予定の方は、日本でもTAX REFUNDを受けられます。(一部取り扱えない書類有)

リファンド通過>円


※『金浦国際空港』国際ターミナル2階搭乗手続きカウンター近く専用ポスト(書類投函/クレジットカード口座振込みで払い戻し)


AX REFUNDは専用のカウンターが無いので、税関のスタンプを受け取ったらクレジットカード番号を必ず記入し、必要書類を専用ポストに投函します。1ヶ月~2ヶ月すると、韓国社経由でスウェーデン本社からクレジットカードの決済口座に日本円で振込まれます。

営業時間>24時間
リファンド通過>円



タックスフリーコリア社 http://www.taxfreekorea.kr/

※東大門『doota!』5階TAX REFUNDラウンジ(その場で払い戻し)
 

購入商品、レシートなどの必要書類を提示するとTAX REFUNDを先に受けられます。
但し、帰国時に出発地の空港の税関で必要書類を必ず提示して下さい。また、『doota!』以外の加盟店で受けたタックス・リファンド・チェック(商品販売確認書)でもTAX REFUND可能です。

営業時間>月曜19:00~翌2:00 火曜~土曜10:00~翌2:00
電話番号>02-3398-4837
日本語>可
リファンド通過>ウォン


※『仁川国際空港』国際ターミナル3階出国フロアD・Jカウンター近く専用ポスト(書類投函/クレジットカード口座振込みで払い戻し)


タックスフリーコリア社加盟店の購入商品のTAX REFUNDは専用のカウンターが、国際線の3階、登場フロア28番ゲート近くにあります。税関に購入した商品を提示しタックス・リファンド・チェックへ確認印を押してもらい、こちらのカウンターに提出します。

営業時間>7:00~21:00
リファンド通過>ウォン


※『金浦国際空港』国際ターミナル2階搭乗手続きカウンター近く専用ポスト(書類投函/クレジットカード口座振込みで払い戻し)


仁川国際空港と同様、TAX REFUNDは専用カウンターがないので、税関のスタンプを受け取ったら、クレジットカード番号を必ず明記し必要書類を専用ポストに投函します。1ヶ月~3ヶ月すると、本社からクレジットカードの決済口座に払い戻しされます。

営業時間>24時間
リファンド通過>円



注意事項
*税関輸出証明スタンプの受領期限は、購入日から3ヶ月以内です。
*タックスリファンド有効期限は、購入日から3ヶ月です。
*タックスリファンドは、未使用・未開封の商品に限ります。
*税関での手続き申請は本人のみ可能です。
*タックスリファンドチェックは、記入事項に誤りがないか必ず確認しましょう。
*必ず税関で輸出証明スタンプを受領しましょう。
*税関での手続きが完了するまで、必要書類は携帯しましょう。
*銀行振込の場合、リファンドが確認できるまで領収証と控えを保管しておきましょう。
*大型の商品は大型荷物用カウンターで手続きをしましょう。

No.6   2011.04.12 管理者
[韓国基本情報] 韓国通貨
通貨単位はウォン(W)。紙幣は50,000、10,000、5,000、1,000ウォンの4種類。硬貨は500、100、50,10、5,1とありますが、…
No.5   2011.03.09 管理者
[韓国基本情報] 気候
韓国は北半球の中緯度上に位置しているため四季がはっきりと分けられる冷温帯気候。夏は暑く雨が多い反面、冬は寒く降水量は少ない方ですが、南北に長い地形…
No.4   2011.03.09 管理者
[韓国基本情報] 言語
ハングルとは? 「ハングル」とは韓国語の文字のこと。「ハン」は “大いなる” 、「グル」は “文字” という意味です。韓国語は「ハングゴ」、また…
No.3   2011.03.09 管理者
[韓国基本情報] 国旗・国花・国歌
国旗 韓国の国旗の模様は東洋哲学の陰陽原理を象徴しています。中央に、「宇宙最高の原理」を意味する「太極」を円で示しています。青と赤は陰陽、…
No.2   2011.03.09 管理者
[韓国基本情報] 位置
韓国は北緯33-43度、東経124-132度の間にあり、アジア大陸の北東部に位置しています。標準時正午線は135度で世界標準時より9時間早く、日本との時差はありません。…
 
Board Search
QRcode

気温 : 7.0℃  降水確率 : 20%
韓国の天気もっと見る

予約のお問い合わせ

営業時間
平日 : 10:00 ~ 18:00
土曜 : 10:00 ~ 14:00
日曜日と祝日は休業

お問い合わせ
電話 :+82-2-793-5636
e-mail : info@hikorea.jp

*すべての相談日本語可能

------------------------- このコンテンツは、クリエイティブ・コモンズの下でライセンスされます。 表示 - 非営利 - 継承2.1日本ライセンス。

Warning: Unknown: open(./data/session/sess_ac010ec867047fcf276af37a0ef966b0, O_RDWR) failed: No such file or directory (2) in Unknown on line 0

Warning: Unknown: Failed to write session data (files). Please verify that the current setting of session.save_path is correct (./data/session) in Unknown on line 0